元気のおはなし2014

健康のはなし

歯がしみる!知覚過敏について

虫歯ではないはず、なのに歯がしみる…といった症状がある場合、知覚過敏かもしれません。
知覚過敏とは、エナメル質が薄くなり神経に近い内側の象牙質が露出することによって「しみる」といった症状があらわれることです。
歯茎が痩せてしまい、歯の根元が露出することによっても起こります。

■知覚過敏の原因

知覚過敏の原因は、以下のようにさまざまなものが考えられます。

  • 強い歯ぎしり・咬みしめのクセ
  • 酸の強い飲食物
  • ホワイトニング
  • 歯周病

■冷たいものがしみる

  • 歯ぐきが下がって歯の根っこが露出している
  • つめ物などが取れている
  • つめ物が取れていなくても周囲にむし歯ができている

■熱いものがしみる

  • 歯の神経が腐りかけている
  • 炎症をおこしている

歯がしみる場合は、自然に治ることはほとんどありません。放っておくとさらに状態が悪化します。
症状が出たら、すぐに歯医者で診察してもらいましょう。

元気のおはなし トップページに戻る