元気のおはなし2014

身体に優しい季節の食べ物

10月 〜 さつまいも 〜

食欲の秋、さつまいもが美味しい季節がやってきました。
さつまいもは、食物繊維やビタミンC、ビタミンB群などたくさんの栄養素を含んだ食べ物です。

★ニキビの予防

さつまいもに含まれるビタミンCはりんごの約10倍といわれています。
ビタミンCはしみのもとであるメラニン色素の合成を抑えるだけでなく、コラーゲンの形成にも必要です。

★便秘解消

さつまいもに多く含まれる食物繊維は、腸の働きを活性化させます。
また、皮にある「ヤラビン」という成分は便の排泄をよくする働きがあります。できるだけ皮ごと食べたほうが便秘にはより効果的です。

★成人病予防

さつまいもに含まれる「ムチン」には、肝臓や脾臓の組織の委縮を予防する効果があり、成人病予防が期待できます。

■さつまいもの選び方と保存方法

皮の色やツヤがよく、表皮に凹凸が少ないものを選びましょう。
表皮が黒く変色してきているものは古く、味も苦くなっています。また、細すぎるものも食味が良くありません。
さつまいもは寒さにとても弱いので、新聞紙などにくるみ、常温で保存するようにしてください。

【おすすめの食べ方】

さつまいもの皮の近くには、食物繊維などの栄養素が集中しています。できるだけ皮を綺麗に洗って、料理をして食べましょう。

元気のおはなし トップページに戻る