元気のおはなし2014

身体に優しい季節の食べ物

12月 〜 長芋 〜

長芋は独特の風味が特徴の栄養価がとても高い野菜です。
旬は1年に2回あり、4〜5月に収穫されるのが「春掘り」、11月〜12月に収穫されるのが「秋掘り」と呼ばれています。

★新陳代謝の促進

長芋に含まれるネバネバ成分はムチンによるものです。
ムチンは細胞が活性化させ、新陳代謝を促進させる役割があります。

★消化促進効果

中国では漢方薬として利用されるほど、多くの消化酵素も含んでいます。
特に、消化酵素のアミラーゼなどが多く含まれているため、でんぷんを含む食材の消化を助ける働きがあります。

★インフルエンザの予防

「ディオスコリン」というタンパク質成分が含まれております。
これにはAソ連型、A香港型、B型のインフルエンザウィルスの活性を抑える効果があることが判明しています。

■長芋の選び方

表皮の色が肌色でツヤがあり、まっすぐなものを選ぶと良いです。
持ってみたときに重みを感じられるものは、水分が多く新鮮な証拠です。

【おすすめの食べ方】

山芋に含まれる栄養素は熱に弱いため、すりおろし・とろろなどにして、生で食べると良いでしょう。

元気のおはなし トップページに戻る