元気のおはなし2015

身体に優しい季節の食べ物

1月 〜 長ネギ 〜

長ネギは1年中見かけることができますが、旬は冬です。
この時期は鍋によく使われるため1年通してもっとも需要が高い時期です。白ネギと青ネギに区別されていますが、関東では白ネギ、関西では青ネギが好まれているそうです。

★疲労を回復

ネギには「硫化アリル」と呼ばれる栄養成分が含まれています。
この硫化アリルは、ビタミンB1の吸収や働きを高め、疲労を回復させる効果があります。

★冷え性の改善

「硫化アリル」には血行をよくして体を温める働きもあるので、経痛や月経痛、関節痛などの痛みの緩和や、冷え性の改善に効果があります。

★風邪の対策に

長ネギには体を温める効果があります。
また、ネギオールという殺菌・抗ウイルス作用を持つ成分も含まれています。

■長ネギの選び方

長ネギは乾燥すると鮮度が落ちるので、新聞紙で包んで涼しい場所で常温で保存するようにしましょう。

【おすすめの食べ方】

長ネギに含まれている栄養を上手に摂るには、調理の加熱時間がポイントとなります。
栄養成分は熱に弱いので、素早く火を通す調理方法で食べるのが良い、とされています。

元気のおはなし トップページに戻る