元気のおはなし2015

身体に優しい季節の食べ物

10月 〜 くり 〜

くりは9月中旬から10月下旬にかけて出回ります。でんぷんの豊富な作物と言えば穀物やイモ類ですが、くりのでんぷんは樹上でとれる貴重なでんぷんです。
豆類やイモ類と比べるとでんぷんの粒子が細かいため、上品な味わいを生み出しています。

★疲労回復

くりには炭水化物の分解を促すビタミンB1が含まれており、炭水化物が体内で効率よくエネルギーに変換されます。くりは疲れた体を癒すのにちょうどよい食べ物です。

★高血圧予防

くりはカリウムも豊富です。カリウムにはナトリウムを排出する作用があり、高血圧予防に効果があります。

★老化防止

渋皮にはポリフェノールの一種であるタンニンが多く含まれています。タンニンには強い抗酸化作用があるので、老化の防止やガンの予防に効果があります。渋皮煮などでたくさん摂取することができます。

■選び方

表面の皮が固く張りがあり、ツヤツヤとした光沢があるものを選ぶようにしましょう。
また、平たい粒のものよりも、丸みのあるものを選びましょう。ずっしりと重みがあるものが良いです。
小さな穴が開いたものや、黒っぽい傷があるものは避けるようにしましょう。虫が入っている可能性があります。

■保存方法

ポリ袋などに入れ冷蔵庫に保管し、一度茹でたものは密封容器や袋に入れ、冷蔵庫で保存してください。長期保存したい場合は冷凍します。

元気のおはなし トップページに戻る