元気のおはなし2016

身体に優しい季節の食べ物

1月 〜 みかん 〜

みかんのイラスト

冬になると美味しくなるみかんは、手で皮がむけお手軽感に食べられることから、「こたつにみかん」と言われるほど親しまれています。

★風邪の予防

みかんにはビタミンCが100g中35mgも含まれています。
ビタミンCは免疫力を高める効果があるため、風邪の予防につながります。

★動脈硬化の予防

白いスジには動脈硬化やコレステロール血症に効きめがあるといわれているヘスペリジンが多く含まれています。

★抗がん物質も豊富

みかんにはβ‐クリプトキサンチンという抗がん物質が含まれています。
これはみかんの色を出しているカロテノイド色素で、ガンや老化の原因になる活性酸素を抑える効果があります。

■みかんの選び方

みかんは小さいほうがおいしいと言われています。
また、色が濃く、皮が薄く実がしまっているものにしましょう。
みかんのへた軸は細いほうを選ぶと良いでしょう。

【保存方法】

傷んでいる、もしくはカビの生えているものを見つけたらすぐに取り出すようにしましょう。
カビの生えたものを一緒に入れておくと周りの状態の良いみかんにも影響がでてすぐに腐ってしまいます。

元気のおはなし トップページに戻る