元気のおはなし2016

健康のはなし

インフルエンザのはなし Vol.2

1月に入り、各地でインフルエンザの患者が増え始めています。インフルエンザは12月ごろから少しずつ感染数が上がっていき、1月頃には感染のピークをむかえるといわれています。
今回は今年のインフルエンザの特徴について、ご説明します。

■2015年から2016年の流行傾向

現在はA香港型の感染が多く報告されているようですが、シーズンの後半にかけて流行するB型感染の報告もすでにあるそうです。

B型感染は消化器系に影響が出やすいため、発熱に腹痛もともなうようでしたら早めの検査をおすすめします。

また、最近のインフルエンザの傾向として、高熱がでないタイプのインフルエンザも珍しくないようです。
ワクチンを接種することにより、インフルエンザに感染しても軽症で済む場合があるそうです。

したがって、少しでも発熱した場合はインフルエンザの可能性があるので、疑いがあるようでしたら検査をうけるようにしましょう。

 

元気のおはなし トップページに戻る