元気のおはなし2016

身体に優しい季節の食べ物

3月 〜 わらび 〜

わらびの旬は2〜4月ごろです。
全国で採取されるため、地方により旬の時期は違いますが、春を告げる山菜として知られています。

★皮膚や粘膜の健康維持をサポート

抗酸化ビタミンであるビタミンEを豊富に含みますので、活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。

★貧血を予防

βカロテンが豊富に含まれているため、抗発ガン作用や免疫賦活作用に期待できます。

h4>★骨を丈夫に

骨を生成する上で欠かせない成分であるカリウム、カルシウムをはじめ、マグネシウムやりん、鉄などを豊富に含んでいます。

■わらびの選び方

わらびを選ぶポイントは産毛の有無です。 新鮮なものほど産毛がしっかりと生えていますので、そのようなものを選ぶのがよいでしょう。また、茎が太くて短く、首が上を向く前くらいのわらびはやわらかくて美味しいです。

【保存方法】

ワラビはアクが強く鮮度も落ちやすいので、生のまま保存する事は控えてください。
なるべく早くアク抜きをして、水に浸したまま冷蔵庫に入れ、2〜3日で使い切るようにしてください。

元気のおはなし トップページに戻る