元気のおはなし2016

健康のはなし

塩分のはなし

塩は人の体になくてはならないものです。
しかし、摂り過ぎたり不足すると体に大きな影響を与えることがあります。

■適切な塩分量

厚生労働省が健康的な生活を送るために定めている目標値は、
 ・成人男性 8.0g/日未満
 ・成人女性 7.0g/日未満 です。

しかし、日本人の平均摂取量は男性約11.1g、女性約9.4gとなっており、塩分の取りすぎが問題になっています。

■塩分を取りすぎると…

塩分の多い食べ物はたくさんあります。
塩分を摂りすぎてしまうと、血液中のナトリウム濃度が高まります。
すると、体は塩分を薄めようとして水分を取り込もうとします。結果、のどが渇き、水分摂取をすることで血液量が増え、血圧が高くなります。
高血圧状態が続くと、血管が常に緊迫して張りつめた状態になります。これが、動脈硬化の原因になり、やがて脳梗塞や心筋梗塞を発症するリスクへとつながります。

■塩分の摂取を控える食事のコツ

  • ・ソースや醤油はかけるのではなく、小皿にとってつける
  • ・ラーメンなどのスープは全部飲まない
  • ・味噌汁の具は、わかめ、ほうれんそう、小松菜などカリウムの多い野菜をいれる
  • (カリウムは塩分の排泄を助けます。)
元気のおはなし トップページに戻る