元気のおはなし

身体に優しい季節の食べ物

6月 〜 みょうが 〜

みょうがは、夏から秋にかけてが旬です。最近では品種改良によって辛いものは少なくなっているそうですが、乾燥など強いストレスの中で育つと辛さが増すそうです。

★食欲増進効果

みょうがの香り成分であるα-ピネンには、発汗促進効果や消化促進効果などがあります。

★抗菌効果

みょうがの味の辛味成分には強い抗菌作用があります。熱から引き起こされる体の不調や口内炎、喉の痛みをやわらげる働きがあり、風邪の予防としても利用されています。

★むくみ対策

みょうがには豊富なカリウムも沢山含まれています。カリウムは余分な塩分、つまりナトリウムを体外に排出する効果がありむくみを解消します。

■みょうがの選び方

かたく実が引きしまっているものを選ぶと鮮度が高くおいしいとされています。

【保存方法】

みょうがを保存する場合は、霧吹きなどで湿気を与えてから冷蔵庫で保存するようにしましょう。

元気のおはなし トップページに戻る