元気のおはなし

身体に優しい季節の食べ物

8月 〜 ゴーヤ(苦瓜) 〜

ゴーヤの旬は6〜8月ごろです。
ゴーヤは沖縄の代表的な野菜であり、昔から薬効のある食べ物として扱われていました。
旬である8月ごろのゴーヤは栄養価がとても高く、価格も安定しています。

★夏バテ・疲労回復に

ゴーヤに含まれるモモルデシンという成分には、胃腸粘膜の保護や、食欲を増進する効果があります。
また、疲労回復に役立つビタミンCなども含まれているため夏バテに有効です。

★貧血予防

ゴーヤには血液を作るもととなる鉄分と葉酸が多く含まれているため、貧血予防に効果的です。

★にきびや口内炎、便秘の解消に

ゴーヤには体内の余分な熱を取り除く作用があるため、にきびや口内炎、便秘解消に効果があります。

■ゴーヤの選び方

太くて、緑色が濃く、全体の色が均一なものがおいしいです。
また、表面のイボに張りがあるものが新鮮な証拠です。

【保存方法】

丸のままのゴーヤの場合は、新聞紙などに包んで冷暗所で保存するようにしましょう。
切ってある場合は、種とワタを取り除いたら新聞紙に包んでビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

元気のおはなし トップページに戻る