元気のおはなし2017

身体に優しい季節の食べ物

2月 〜 れんこん 〜

れんこんは古くから日本料理の食材として親しまれています。 1年を通して出回っていますが、もっとも多く出回るのは9月頃からです。
特に冬場のこの時期のれんこんはおいしく、価格も安くなります。

★炎症抑制効果

れんこんにはポリフェノールの一種であるタンニンが含まれています。 タンニンは血管を収縮させる作用があり、止血作用や、炎症の抑制に効果があります。

★新陳代謝の促進

れんこんを切ると切り口にぬめりがありますが、このねばり成分はムチンによるものです。 ムチンは細胞を活性化させ、新陳代謝を促進させる役割があります。

★便通の改善に

れんこんには食物繊維が含まれているため、整腸作用や便通の改善が期待できます。

■れんこんの選び方

ふっくらとしていて、ずっしりと重みのあるものを選びましょう。

【保存方法】

まるまる保存する場合は、空気に触れないように新聞紙などに包み、袋に入れて冷蔵保存します。
使いかけの場合は、切り口が空気にふれないようにラップに包み、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。