健康診断

乳がん・子宮がん検査を個人で受診する場合

乳がん・子宮がん検査の受けかた

会社の定期健康診断の追加項目として婦人科検診を受診できなかったまたは受診しなかった方は、 下記お手続きをしていただければ、補助を受けることが出来ます。

受診できる方

35歳以上の女性の被保険者  ※被扶養者(家族)の方は利用できません。
(当該年度中35歳になる方を含みます)

  • 会社の定期健康診断の追加項目としてすでに乳がん・子宮がん検査を受診した方は 受診できません。
  • 短期人間ドックを受診した方は受診できません。

補助金額

乳がん 上限2,800円
子宮がん 上限2,600円
  • ●市区町村が実施している「婦人科検診」を受診した場合は、西南健保からの補助は出ませんのでご注意ください。

申込用紙

婦人科検診利用申込書 用紙 記入例

申込および補助金請求

1
希望される病院へ、直接予約をしてください。
2
予約後、受診日の1ヵ月前までに「婦人科検診利用申込書」を 事業所経由で西南健保へ提出してください。
3
西南健保では、「請求書・婦人科検診結果表」を 事業所経由でお渡しします。
4
受診日当日は、 婦人科検診(乳がん・子宮がん)にかかった費用全額病院の窓口でお支払いください。 なお、補助金請求時に必要となる「領収証」は必ずもらってください。
5
受診後、病院発行の「乳がん・子宮がんの結果表」がお手元に届きましたら、
  • [1] 「婦人科検診料請求書
  • [2] 「領収書(コピー)」を貼り付けた婦人科検診結果表
  • ([3]病院発行の乳がん・子宮がんの結果表のコピーが添付できない場合のみ、 病院に結果を記入してもらってください。 文書料が発生した場合は、ご本人様負担となります。
  • [3] 病院発行の「乳がん・子宮がんの結果表のコピー
上記3点または2点を事業所経由にて西南健保へご提出ください。
6
西南健保では、乳がん2,800円、子宮がん2,600円を上限事業所経由で補助金をお支払いします。