各種届出・申請方法

被扶養者加入手続き

被扶養者の範囲

  主として被保険者によって生計を維持されている方で、 判定の基準は認定対象者の年間収入が130万円(60歳以上、 または障害年金受給要件該当者は180万円)未満で、かつ被保険者の年間収入の2分の1未満であること。

詳しい認定基準は、健康保険組合までお問い合わせください。

認定基準にかかわらず、75歳以上の方は、後期高齢者医療制度の適用対象者となりますので、 被扶養者にすることができません。

被扶養者の範囲

※平成28年10月1日より、兄姉の認定条件について、同居の条件がなくなりました。

■同一世帯でなくてもよい人

配偶者(内縁を含む)・子・孫・兄姉弟妹・父母等直系尊属

■同一世帯であることが条件の人

上記以外の三親等内の親族(義父母等)

被保険者の内縁の配偶者の父母・連れ子

※ ただし、16歳以上(義務教育修了後)60歳未満(配偶者を除く)は、通常、労働能力があり、 自ら収入を得ることができるとされています。被扶養者認定を希望される場合は、 保険者が”生活費のほとんど”を援助しなくてはならない状態にあることを申告していただくことが必要です。

被扶養者認定に必要な提出書類

  • 健康保険被扶養者認定申請書@
  • 健康保険被扶養者認定申請書A
  • 健康保険被扶養者(異動)届
  • 収入の有無を証明する書類
  • (雇用保険受給終了証明書・離職票(写)・年金額の通知書等、所得を証明する書類等)
  • 全世帯の住民票
  • ※必要に応じて追加書類の提出をお願いすることもあります。

注意 書類等の受け渡しは必ず各事業所の健康保険担当者を経由して提出してください。 また任意継続被保険者の方は直接、健保組合までお問合せください。

関連ページへのリンク
関連ページへのリンク /終わり