健康診断

短期人間ドック

身体の各部位の精密検査を行い、 疾病の早期発見や臓器の異常や健康度などをチェックする健康診断の一種で、 健診料金の補助を行っています。

受診できる方

35歳、40歳以上の被保険者および被扶養者(任継者含む)

受診年度(4月1日〜翌年3月31日)において年度末【翌年3月31日】現在、35歳、40歳以上 の方が対象です。受診日現在の年齢ではありませんのでご注意ください。 例えば受診日現在35歳であっても、その年度の年度末【翌年3月31日】時点で 36歳になる方は対象外となります。

ご注意
被保険者の方で事業所の定期健康診断(生活習慣病健診)を 受診された場合は西南健保からの補助は受けられません。 また被扶養者の方でけんぽ共同健診を受診された場合も補助は受けられません。

短期人間ドックを受けられる病院

短期人間ドックに契約病院はありません。

1 人間ドックの費用をドック当日本人が病院の窓口で全額支払えること
2 特定健診項目を含んでいること
※ただし、人間ドックとは、特定健診項目の他、西南健保で定める検査項目を含むものをいいます。
  • ・人間ドックの検査項目は こちら
3 人間ドックの結果表がもらえること

上記3点をご確認していただければどこの病院で受診していただいても構いません。 ただし、人間ドックの結果表がもらえない場合は、病院で 「特定健診項目および婦人科検診結果表」の実施機関記入欄に 結果を記入してもらう方法に替えることも出来ますが、文章料が発生した場合は、 ご本人様負担となります。

補助金額

13,000円(定額)
ただし、オプションで乳がん検診を受診した方は、 2,800円 (マンモグラフィーまたは超音波)、子宮がん検診を受診した方は、 2,600円 (医師採取による子宮頚部細胞診)が それぞれプラスされます

  • 人間ドックに付随して婦人科検診を受診しませんと、 西南健保から婦人科検診の補助は受けられません。
  • 市区町村が実施している「婦人科検診」を受診した場合は、 西南健保からの婦人科検診(乳がん・子宮がん)の補助は行いません。

申込用紙

短期人間ドック利用申込書 用紙 記入例

  • 必ず事前申請でお願いします。検診終了後の申請については、補助の対象となりませんのでご注意ください。
  • 特定健診項目を含まないコースは補助の対象となりませんのでご注意ください。
  • 申込みを希望される方は、「短期人間ドック利用申込書」をよく読んでお申込みください。
  • 人間ドックの結果表(コピー)提出に同意いただけない場合は補助が支給されませんのでご注意ください。

申込および補助金請求

1
希望される病院へ、直接予約をしてください。
予約時の注意点  「人間ドックの費用をドック当日本人が病院の窓口で全額支払えること」、 「特定健診項目を含んでいること」、 「人間ドックの結果表がもらえること」以上3点を必ず確認してください。 ただし、人間ドックの結果表がもらえない場合は、 病院で「特定健診項目および婦人科検診結果表」の実施機関記入欄に 結果を記入してもらう方法に替えることも出来ますが、 文章料が発生した場合はご本人様負担となります。
2
予約後、受診日の1ヶ月前までに 「短期人間ドック利用申込書(A4サイズ1枚)」を 事業所経由で西南健保へ提出してください。 なお、従来の「短期人間ドック利用申込書(3枚複写)」につきましては 平成23年4月1日受診以降使用できません。 (任意継続者の方は直接健保へ提出してください。
3
利用申込書をご提出いただきましたら、西南健保から、 「短期人間ドック検診料請求書」 「特定健診項目および婦人科検診結果表」を 事業所経由でお渡しします。 (任意継続者の方は健保より直接お渡しします。) 受診日までに、受診日の変更、婦人科検診受診の有無等内容に変更がございましたら、 必ず西南健保まで連絡してください。
4
ドック当日は、人間ドックにかかった費用全額病院の窓口でお支払ください。 婦人科検診(乳がん・子宮がん)を受診した方は、婦人科検診にかかった費用あわせてお支払ください。 なお、補助金請求時に必要となる「領収書」は必ずもらってください。
5
受診後、病院より「人間ドック結果表」がお手元に送付されましたら、
  • [1]「短期人間ドック検診料請求書
  • [2]「領収書(コピー)添付済み特定健診項目および婦人科検診結果表 (実施機関記入欄に記載がないもの)
  • [3]「人間ドック結果表(コピー)
上記3点を事業所経由にて西南健保へご提出ください。 (任意継続者の方は直接健保へ提出してください。
なお、[3]の「人間ドック結果表」が病院からもらえなかった場合は、 [2]「特定健診項目および婦人科検診結果表」の実施機関記入欄に結果を記入してもらい、 [1]と[2]の2点を提出してください。文書料が発生した場合は、ご本人様負担となります。
また、婦人科検診の補助金請求は、人間ドックの補助金請求と同時にしてください。
6
西南健保では、一律13,000円 (乳がん・子乳がん検診を受診された方はそれぞれ 2,800円、2,600円がプラスされます。)を事業所経由でお支払いします。 (任意継続者の方は健保から直接お支払いします。

人間ドック手続きの流れを図解で詳しく説明しております。

  • ・一般被保険者および被扶養者の方は こちら
  • ・任意継続被保険者および被扶養者の方は こちら

人間ドックQ&A

特定健診項目とは?などご質問がありましたら、まずは 「よくあるご質問 」 より確認してください。

担当:保健事業課 03-3462-6557