健康診断

平成29年4月受診分から対象となります

生活習慣病健診の特例制度(短時間労働者の特例措置)

「短時間労働者」の被保険者で、事業所の定期健康診断が受診出来ない方に限り行う償還払いの生活習慣病健診です。

■検査項目や対象年齢等は、定期健康診断と併せて行う生活習慣病健診と同じです。

■大きく異なる点は、
(1)本人の希望する健診機関にて個人単位で受診する
(2)本人が健診料金を窓口で全額立て替える
(3)健診受診後、西南健保より補助金を支給する
以上の3点です。

受診できる方

「短時間労働者」の被保険者の方

1. 循環器健診 30歳以上
2. がん検診(消化器(胃)・腹部超音波・便潜血) 35歳以上
3. 肝炎ウィルス検査 35歳のみ

※事業所の定期健康診断と併せて行う生活習慣病健診と同じです。

※詳しい検査項目はこちら

※婦人科(乳がん・子宮がん)検査の補助金制度もあります(35歳以上の女性の方)
受診希望の方は、別途「婦人科検診利用申込書」の提出が必要です。
詳しくはこちらをご覧ください。

ご注意 ご注意
1)この制度は、短時間労働者の被保険者で事業所の定期健康診断と 併せて行う生活習慣病健診が受診出来ない方の救済措置です。 可能な限り、事業所の定期健康診断と併せて行う生活習慣病健診を実施してください。
2)事業所の定期健康診断と併せて行う生活習慣病健診および人間ドックとの重複受診は出来ません。

健保負担および自己負担

検査項目 健保補助額 自己負担額
1. 循環器健診(特定健診含む) 3,000 円(定額) 3,000 円を超えた分
2. がん検診 消化器(胃)検査
(バリウムおよび内視鏡)
15,000 円(上限)
内視鏡は12,000 円(上限)
15,000 円を超えた分
内視鏡は12,000 円超えた分
腹部超音波 6,000 円(上限) 6,000 円を超えた分
便潜血検査(2日法) 2,000 円(上限) 2,000 円を超えた分
3. 肝炎ウィルス検査 3,000 円(上限) 3,000 円を超えた分

申込用紙

「(短時間特例)生活習慣病健診利用申込書」は、事業所の担当者からもらってください。

  • ●必ず事前申請でお願いします。健診終了後の申請については、補助の対象となりません。
  • ●この制度を利用する場合、循環器健診(特定健診含む)は必ず受診してください。
  • ●手続き方法(申請および補助金請求)は、現行の人間ドックの制度と同じです。
  • ●健康診断結果表(コピー)の提出に同意いただけない場合は補助が支給されません。
  • ●市区町村が実施している「がん検診」を受診した場合は、西南健保からのがん検診の補助は行いません。
  • ●申込みを希望される方は、「利用申込書」をよく読んでお申込みください。

手続き方法(申請および補助金請求の流れ)

  • 1 本人が受診を希望される病院へ、直接予約をしてください。受診日は、1ヵ月以上先の日付にしてください。
  • ※予約時の注意点
    「本人が病院の窓口で全額支払えること」、「健康診断結果表がもらえること」、「健診料金」 以上3点を必ず確認してください。 ただし、健康診断結果表がもらえない場合は、 病院で西南健保の所定用紙に結果を記入してもらう方法に替えることも出来ますが、 文書料が発生した場合は、本人負担となります。
  • 2 予約後、受診日の1ヵ月前までに「(短時間特例)生活習慣病健診利用申込書」を事業所経由で西南健保へ提出してください。
  • ※申込書の注意点
    「(短時間特例)生活習慣病健診利用申込書」は、事業所の担当者からもらってください。 必ず事前申請をしてください。
  • 3 利用申込書をご提出いただきましたら、西南健保から 「(短時間特例)生活習慣病健診補助金請求書類一式」を事業所経由でお渡しします。
  • 受診日までに受診日の変更、受診する検査内容等に変更がございましたら、必ず西南健保まで連絡してください。
  • 4 当日は、健診にかかった費用全額を病院の窓口でお支払ください。
  • なお、補助金請求時に必要となる「領収書」は必ずもらってください。
  • 5 受診後、病院より「健康診断結果表」がお手元に送付されましたら、 請求書類一式(補助金請求書、領収書(コピー)、健康診断結果表(コピー)等)を事業所経由で西南健保へご提出ください。

  • 6 西南健保では、請求された月の翌月末までに、補助金額を事業所の口座にお支払いします。

担当:保健事業課 03−3462−6557