健保のしくみ

立替払いをしたとき

 次のような場合、一旦、本人が診療費を全額支払い、あとで健保組合負担分を請求し、払い戻しを受けることになります。 なお、入院時食事療養および入院時生活療養の標準負担額は自己負担となります。

健保組合負担分
義務教育就学前 義務教育就学後〜69歳 70歳以上75歳未満
8割 本人・家族ともに7割 現役並み所得者 7割
一般(上記以外) 8割
(ただし、誕生日が昭和19年4月1日以前の方は9割)

療養費とは…

療養費とは・・・

やむを得ない事情で保険診療を受けられなかった場合。
旅行先で急病になり、保険証がないため自費による診療を受けた場合、またはスキー場等に臨時に開設されている保険扱いをしていない診療所にかかった場合等です。
健康保険法にもとづいた診療基準の範囲内で査定された金額が給付されます。

  • 手続き「療養費支給申請書」に、以下の書類を添付して、健康保険組合へ提出してください。
  • (1)診療報酬明細書 ※診療明細書ではありません
    (薬局の場合は調剤報酬明細書)
  • (2)領収書(原本)

海外で病気になり診療を受けたときの治療費

出張や旅行で海外におでかけのとき、病気やけがをしてその国の病院等で診療を受けた場合、申請をすると医療費の一部の払い戻しを受けられます。

  • 手続き「療養費支給申請書」に、以下の書類を添付して、健康保険組合へ提出してください。
  • (1)海外療養費支給申請添付書類様式
  • (2)領収書(原本)
  • (3)上記(1)(2)の翻訳したもの
  • (4)旅券・航空券その他海外に渡航した事実が確認できる書類の写し
  • (5)健保が医療機関に照会することについての同意書
  • 海外療養費の適正化を図るため、当組合では点検機関 株式会社オークスに、内容確認と審査業務を委託して
    おります。

柔道整復師の施術代(接骨院・整骨院)

 骨折・脱臼(応急手当を除き医師の同意が必要)、打撲、捻挫に限り健康保険で受けられます。この場合本人が代金を立替え、後日給付を受けることになっています。柔道整復師協会と都道府県知事との間で協定ができている場合は保険医にかかる場合と同じように保険証を提示してかかれます。

詳細ページ

その他

  • コルセット

    医師の指示で治療上コルセットを必要とする場合は、本人が一時代金を立替え、後日請求により健康保険組合から基準の費用が給付されます。

    • 手続き「療養費支給申請書」に、以下の書類を添付して、健康保険組合へ提出してください。
    • (1)保険医の意見書
    • (2)領収書(明細がわかるもの・原本)
  • 小児弱視等の治療用眼鏡等

    9歳未満の小児の治療用眼鏡の購入について、健康保険が適用されます。
    ※全てが保険適用ではありません。ご確認ください。

    • 手続き「療養費支給申請書」に、以下の書類を添付して、健康保険組合へ提出してください。
    • (1)治療用眼鏡等を作成し、または購入した際の領収書または費用の額を証する書類
      ※領収書は、
      ・宛名は本人(お子さん)名で
      ・「弱視治療用眼鏡代金(フレーム●円、レンズ●円)」などと、具体的な「但し書き」を書いてもらう
      ・記載金額は、税込みの実際の購入金額で
    • (2)療養担当に当たる保険医の治療用眼鏡等の作成指示書

    詳細ページ

  • はり、灸、マッサージ代

     医師の同意を得て、マッサージ師、はりきゅう師の施術を受けた場合に給付されます。
    ※全てが保険適用ではありません。ご確認ください。

    • 手続き「療養費支給申請書」に、以下の書類を添付して、健康保険組合へ提出してください。
    • (1)医師の同意書
    • (2)施術内容の記入されている領収書(原本)

    詳細ページ

  • 法定伝染病で隔離されたときの食費、薬代

    原則として市区町村が負担することになっていますが、自己負担となった場合はその金額が給付されます。

    • 手続き「療養費支給申請書」に、以下の書類を添付して、健康保険組合へ提出してください。
    • (1)診療内容の記入されている書類(担当医師の証明があるもの)
    • (2)領収書(原本)
  • 注意 書類等の受け渡しは必ず各事業所の健康保険担当者を経由して提出してください。 また任意継続被保険者の方は直接、健保組合までお問合せください。